大物が釣れましたです!!

f:id:mageshimatushin:20210913192216j:plain

種子島の素晴らしいところは、たくさんありますが、釣りもその一つです。

普通なら、漁師さんが漁船で沖に行って釣るような大物が岸から釣れちゃうんですよ。

 

この写真は、早朝まだ暗い時に、近くの堤防の先端で釣り上げたブリです。

10キロ以上ある魚を一人で運ぶのは大変!!

釣り名人である友人の「まさやん」と一緒に運んでいると、朝日が昇りはじめました。

みんなが眠りからさめる頃、僕たちの釣りは終わりました。

夜は友人達を招待して、ブリパーティーっす。

 

 

 

 

f:id:mageshimatushin:20210913193335j:plain

こんな魚を捌くには家庭用の包丁では、歯が立ちません、、、

しかし、この島には何百年の歴史がある「種子島包丁」があるんですよ。

鉄砲が伝来してから、鉄製品には自信があるんです。

 

種子島包丁」を使えば、こんな魚も、ちょちょいのちょいです。

みなさん、ネットで「種子島包丁」を検索してみてください、いろんなタイプの包丁がありますが、全て素晴らしい包丁ですよ

 

 

 

 

f:id:mageshimatushin:20210913193928j:plain

この時期はカンパチもまわってきます。

 

 

 

 

 

f:id:mageshimatushin:20210913194041j:plain

GT(ロウニンアジ)も岸から釣れますよ。

 

 

 

 

f:id:mageshimatushin:20210913194153j:plain

時にはヒラメだって。

 

 

豊かな海に囲まれた島、それが種子島なんです。

 

そんな豊かな島に、暗雲が立ち込めようとしています。

 

神様が何万年もかけて作り上げたサンゴ礁

魚達の住処であるサンゴ礁

漁師さん達の宝物であるサンゴ礁

 

そんなサンゴ礁を、巨大な重機で大規模に破壊し、

アメリカの軍艦が停泊できるように、サンゴ礁をコンクリートで固め、軍港を建設しようとしています。

すべてアメリカ様の命令なんです。

その費用は、全て我々の税金から支払われます。ひどすぎる、、、

 

やめてくれぇ〜、そんなのいらねぇ〜

釣れなくなるぅ〜

 

島の人達は、

「お国が決めた事だから、、、」

自民党が実権を握ってる限り、基地は出来ちゃうよ、、、」

こんな感じで諦めムードです。心の底ではみんな大反対なのに、、、

 

しかし、みなんさん!!!

戦後75年、ほぼ独裁政治をしてきた自民党政権が、今、ガタガタに揺れて崩れそうですよね!!

 

そりゃそうだ、

コロナを理由に、小学校の運動会は中止させたくせに、金になるオリンピックは強引に開催した自民党政権、、

国民からの信頼は、もはや皆無でしょう!

菅さんも、辞任して正解でしたね。

 

全国の皆様、私たちの種子島を助けてください!

直ぐ隣の「馬毛島」にアメリカの軍事基地ができそうなんです。

 

確かに自民党は歴史もあるし、力もあるし、素晴らしい事もしてきましたが、

アメリカ様のおかげで、成り立ってる政党なんです。

だから、アメリカに毎年、5000億円もプレゼントしちゃうんです。

じいちゃんの時代から、身内だけで固めてきた政党です。

身内親族以外は、総理大臣になれないシステムなんです。

国民の事より、自分達の身分確保が優先なんです。

結局、アメリカに対して、「NO」と言えない政党なんです。

 

 

このまま自民党政権が続けば、アメリカの言いなりで、馬毛島に基地が出来てしまいますし、

全国の、原発問題も解決しません。

 

しかし、今度の11月の衆議院選挙の結果次第では、世の中が大きく変わります。

 

政治に興味が無い人、選挙なんて馬鹿らしい人、そんな人達が全国にはたくさんいますが、

今回の選挙だけは、僕たちを助けてください!!

 

現在、「自民党」が中心になり、「公明党」と手を組んで、2党で連立政権として、我が国を動かし、率先して基地建設を行っています。

 

しかし、今度の選挙。

みなさんの投票次第では、

馬毛島アメリカ軍基地建設計画」が白紙になる可能性があるのです。

 

 

そのためには、みなさんの力が必要です!!!

 

 

ぶっちゃけ言います。

自民党」と「公明党」には投票しないでください!

 あっ、言っちゃた、、、

 

創価学会の方、ごめんなさいね、学会を攻めてる訳じゃないんです、

学会では世界平和を願ってますが、公明党自民党と一緒に、軍事基地や原発を推進してますよね

 

 

先日、立憲民主党」と、「れいわ新撰組」と「社民党」と「共産党の4党が、戦後75年に渡る自民党独裁政治にピリオドを打つために、手を組みました。

 

 

この4党のどれかに投票してください。お願いします!!!!

 

この4党が実権を握れば、

馬毛島問題」だけでなく、沖縄の「米軍基地問題」や、「原発問題」、「公害問題」も全て解決するんです。

 

ここで一言。

みなさん、勘違いしないでくださいよ、

自民党政権が終わったとしても、

我が国が、今の中国や、昔のソ連のような「共産主義」「社会主義」の国になるわけではありませんからね!

 

今まで以上に自由もあるし、権利もあります。

 

変わるといえば、

アメリ基地問題原発問題、遺伝子組み換え食品問題などなどの、今までアメリカの言いなりだった問題が解決されたり、

富裕層たちが、さらに超富裕層になるシステムがなくなり、その分、我々一般市民にお金がまわってくると思います。

 

ここ種子島は、「鹿児島4区」という選挙区です。

今回の選挙で、「鹿児島4区」からは、

社民党からの「米永 あつこ」さん

自民党からの「森山 ひろし」さんの2人が出馬します。

 

我々「馬毛島通信社」は、当然「米永 あつこ」さんを応援します。

 

あつこさんとは、何度かお話をしました。

とても素晴らしい考えの方です。

 

一般市民の現場の状況を、知ってる方です。

障害者のある子供を持つ、親の気持ちを、理解してくれる方です。

シングルマザーの大変さを、分かってる方です。

弱い人達の味方になってくれる方です。

 

釣りの話から、政治の話に変わってしまいましたが、

 

全国のみなさま、もう一度言います。

「きたる11月の衆議院選挙は、今までのような、どうでもいい選挙とは違います」

「結果次第では、世の中が良い方向に大きく変わります」

だから、

自民党」と「公明党」には投票しないでください!!

「僕たち、種子島の未来を守って下さい。お願いします」

 

国防とうい名目の巨大な利権の為に、大自然を破壊し軍事基地を作る。

しかも、自分達の基地ではなく、言葉も通じ無い青い目をした人達の為の基地。

 

右翼も、左翼も関係ありません。

一人の地球人として、未来の子供達に残す物、

それは、名前も知らない人達をミサイルで殺す為の、殺人訓練施設でいいのでしょうか?

 

僕のブログを読んでくれて、同じ気持ちになってくれたなら、まわりの友達にも伝えて下さい。

子供達に負の遺産を残したくないんです。

心の底からのお願いです。協力してください。

 

 

 

f:id:mageshimatushin:20210913232831j:plain

こんな魚が岸から釣れる種子島の海を、一緒に守ってください。

助けて下さい、お願いします!!!

 

ps,以前、「れいわ新撰組」の党首である「山本太郎」さんと、直接お話をした事があります。

彼も、心の底から、地球の事、我々一般市民の事を考えてくれる方です。

 

「れいわ新撰組」「山本太郎」もよろしくお願いします。

 

 

立憲民主党」の日米安保条約に対する保守的な考えも、今回の連合で徐々に変わりつつあります。

 

夢にまで見た、理想の社会が現実になるチャンスなんです。

経済優先で、緑をコンクリートに変えまくった時代が終わるタイミングが今なんです。

ケミカル漬けの食べ物が、安全な食べ物になるんです。

肉体的に、精神的に社会生活が困難な人達も、笑って暮らせる日が来るんです。

体育会系の人達だけでなく、文化系の人達も脚光を浴びる社会になるんです。

 

全国のみなさん、一緒に変えましょう!!!!

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 




そりゃねぇべよ、防衛省さん、、、

f:id:mageshimatushin:20210831201955j:plain

写真は、沖縄県宜野湾市普天間第二小学校の校庭で遊んでいる子供達の頭上を覆いかぶさるように着陸しようとしている、アメリカの軍用機

 

現在日本には、北から、

青森の三沢と車力、東京の横田、神奈川の横須賀と厚木と座間、

山口の岩国、長崎の佐世保、そして沖縄に7箇所

合計15箇所にアメリカ軍の基地が存在してるのである。

 

そして、このような風景はアメリカ軍の基地がある町では日常茶飯事の出来事である。

 

「事故とかは無いんでしょ?」とよく聞かれますが、

全国的に事故だらけです、、、

アメリカ軍の飛行機が墜落して日本人が死んじゃった事もたくさんあります。

事故が起きても、アメリカから日本のマスコミに圧力がかかり、

かなり悲惨な事故でもない限り、日本の茶の間に放映されることはありません。

 

アメリカ軍のヘリコプターが沖縄国際大学に墜落したのが2004年、

 

あの事故から今日まで、

アメリカ軍飛行機の関連事故は、なんと511件!!

 

想像以上にアメリカ軍の飛行機事故は多発しているのが現実なのである。

 

ここで問題なのが、

もしアメリカ軍の飛行機が我々の家に墜落し、家族が死んだ場合、誰が責任をとるのか?

「当然アメリカ軍でしょう!」

ブーーー!! 不正解!!

 

答えは、アメリカ軍は一切責任はとりませんし、なんの賠償もしません。

まじぃ?でしょ、まじなんです。

 

以前にも話した通り、「日米地位協定」という、昔日本とアメリカ軍とで交わし合った地位を決めるルールブックで、そう決まっているんです。

アメリカ様の方が遥かに地位が高いのである。

 

「中国やロシア、北朝鮮が、おめぇらを攻撃してきたら、俺たちが守ってやるんだから、ちょっとした事故くれぇで、がたがた騒ぐんじゃねぇ!」

これがアメリカ軍の言い分です、、

 

アメリカ軍が日本国内で何をしようが、日本の防衛省は何も言えないんです。

外国からの侵略を、

守ってあげるという名目で、用心棒代として毎年5000億円も我が国から、喝上げしてるんです。

いわゆるヤンキーなんです。スナック、キャバレーなどが、暴力団に支払ってる「みかじめ料」と同じですね。

 

そんなアメリカ軍の基地を、我が国の防衛省は、

種子島のすぐ近くの「馬毛島」に建設しようとしているのだ。

種子島馬毛島は、目と鼻の先です。当然、僕たちは大反対です。

 

何度か防衛省の方が種子島に来島し、我々住民に対して、基地建設の説明会をしてくれたが、

我々の質問に対し、訳のわからない理屈を並べるだけで、全く答えになっていない説明会だったのだ。

 

説明会だけでは全く理解できなかったので、我々反対派は直接、防衛省宛に質問書を文面で提出したのである。

その返事を待つ事、1週間、なんの返事もなし

その返事を待つ事、1ヶ月、なんの返事もなし

その返事を待つ事、3ヶ月、なんの返事もなし

 

痺れを切らし、直接防衛省に電話をしたが、

「担当の者が、只今電話中なので、折り返しお電話をさしあげますので、少々お待ちください」と言われ、電話を待ったが、

数ヶ月間、電話は一切なし。

 

頭にきてもう一度電話をしたら、やっと担当の方と話す事ができ、

「あなた様からいただいた質問書は、現在、防衛省内で会議中なので、結果が出次第、ご連絡しますので、もう少々お待ちください」

でした。

 

さらに待つ事数ヶ月、なんの返事も回答もなし、、

 

 

かくかくしかじかで、

そんな防衛省の官僚と、種子島で直接会う機会が今日、おとずれたのである!!

「どうしても、会って話をしたい」という我々の要望を、防衛省側がOKしてくれたのである。

 

会場には、防衛省に対して聞きたい事、言いたい事が山ほどある反対派の人達が、約束の時間の1時間前から集まり、どよめいていた。

当然、テレビ局、新聞社などのマスコミも沢山きていた。

 

しかし、防衛省側から

「会場に入って直接我々と話し合いをするのは、マックス5人までとしてくれ!」

と言われてしまったのである、、、

 

さあ大変、会場に入る事の出来るチケットは5枚だけ、誰の手に、、、

 

4人は直ぐに決まった、地元で何十年も基地問題に関わってきた先輩である。

チケットは残り1枚、泣いても笑っても最後の1枚なのだ、、

 

話し合いの結果、なんと最後の1枚のチケットが僕にまわってきたのである!!

 

「まじですか?僕でいいんですか?」と言いながらも、心の中では、

「ヨッシャ〜!!」でした。

 

そんな訳で、

防衛省からは、「関 兼文」さん率いる、計3人の官僚達に対し、

我々基地建設反対派からは、代表5人、

合同庁舎2階の特別会議室で合計8人による話し合いが、スタートしたのである。

 

 

「我々が提出した質問書に何故答えてくれないのですか?」

「何故、折り返し電話をしてくれなかったのですか?」

「少々、お待ちくださいで、半年も待たすのですか?」

 

このような我々の質問の対して、防衛省の関さんは、

 

「我々防衛省は、あなた達のような一般人からの質問に答える気は一切ありません。」

「それが防衛省のルールなんです」

「今後も、あなた達の質問には一切答えません」

 

アジャパー!!! そりゃねぇべ!!

 

防衛省の回答に我々5人は超激怒、、「必殺!ちゃぶ台返し

 

防衛省のルールで、答える気が無いなら、なんで最初に、その事を知らせてくれなかったんだ!」

 

「散々待たせて、そりゃねぇべ!」

 

「会議の結果が出たら、連絡するから、もう少々お待ちくださいと、言ったあの言葉はなんだったんだ!」

 

「民主国家の日本が、国民の質問に対して、答える気がないって、どういう事だ!」

 

「おめぇら、俺たちの税金で飯食ってるくせに、ざけんじゃねぇ」

 

揉めに揉めたが、結局、何を言っても、

防衛省の答えは、「我々防衛省はあなた達の質問には答えません!」でした、、、

 

最後の最後に、僕が言いました

「関さん、

私は原発事故で福島から、この島に10年前に家族で移住しました、最近、原発から出た膨大な量の放射能汚染水を、海に捨てることが政府から発表されましたよね。

 

そのニュースを見た若い夫婦が、子供の為にも一刻も早く福島を出て、種子島に移住を考えてます。

しかし、種子島のすぐ近くの馬毛島に軍事基地ができるのであれば、種子島は諦め、もっと、のんびり子と育てができる別な場所を探すつもりです。」

 

「そんな夫婦から先日電話があり、できれば種子島に移住したいんだけど、馬毛島に基地ができるのは確定なの?

 

確定なら、早く別な場所を探さないといけないので、真相を教えてください。と、言われました」

 

「関さん、私はその夫婦に真相を伝える義務があるんです。教えてください、馬毛島に基地が建設されるのは決定事項なんですか?」

 

苦笑いをしながら防衛省の関さんは答えてくれました。

馬毛島に基地が建設されるのは、決定事項ではありません、今は計画段階です。」

 

 

そうなんです、みなさん。

国が進めている事が全て「決定事項」とは、限らないんです、、

誰も何も言わなければ、そのまま決定しちゃいますが、

 計画段階の時に、みんなで反対し、白紙に戻った事例は沢山あるんですよ。

 

数年前、秋田県で5000億円も投資し、ミサイル基地の建設が予定され、着々と進んでいましたが、住民達の強い反対により、防衛省は完全撤退しましたよね。

山口県でも、同じ事例がありました。

 

国に対して、はっきりと意思表示する事は大切だと思います。

その事を苦手な人もいますよね、そんな時はお知らせください、

あなたの代わりに、意思表示をいたしますよ!!!

 

 

ヒョンな事から、チケットをゲットした、今日の防衛省との話し合い、

何を言われても、怒らずに、冷静を保つはずだったが、

開始2分で、怒りMAXになってしまいました。

まだまだ青いっすね、、、、

 

でもさ、

散々待たせて、「答える気は無い」だよ!

誰だって怒るよね

 

でも、最後の最後に、

「基地建設はまだ決定ではない」という言葉を、防衛省本人から聞けた事が嬉しかったです。

 

f:id:mageshimatushin:20210831234301j:plain

種子島は今日も、雲ひとつない快晴でした。雨が恋しいっす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トルーマン元アメリカ大統領の凄いお言葉、、、

f:id:mageshimatushin:20210820194018j:plain

トルーマンは、第33代アメリカ合衆国の大統領で、ちょうど第二次世界大戦終結した1945年に大統領をしていました。

 

現在の日本人は、アメリカを大好きで大好きでたまりませんよね。

だってかっこいいもんね!音楽もファッションも素敵過ぎますよね!

世界のリーダーでもあり、我ら日本国とも同盟を結んでいるから、中国が攻めて来ても、アメリカがちゃんと守ってくれるもんね!!

アメリカ様が仲間でいる限り、我々日本人はずっと安泰だよね!

正義感もあるし、頼り甲斐もあり、いう事なしだよね!

 

と、お考えの方にお見せしたい物があります。

戦争が終わり、アメリカのGHQが日本を占領していた時のトルーマン大統領の有名な言葉を紹介します。

 

「猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。

方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。

 

そして、スポーツ、スクリーン、セックス(3S)を開放させる。

 

これで、真実から目を背けさせることができる。

 

猿は我々の家畜だからだ。

 

家畜が主人である我々のために貢献するのは、当然のことである。

 

そのために、我々の財産でもある家畜の肉体は長寿にさせなければならない。

 

(化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。

 

これによって、我々は収穫を得続けるだろう。

 

これは勝戦国の権限でもある。」

 

 

凄いお言葉でしょう、、、、、

愕然っすよね、、、、、、、、

 

簡単に説明すると、

見せかけの嘘の自由を日本人に与えるんです。そして、すべての日本人に「私は自由で中流階級」だと思い込ませるんです。

 

プロ野球、サッカーJリーグ、プロレス、ゴルフ、オリンピック、ワールドカップなどのスポーツを娯楽で贅沢感を味あわせ、

才能がある者はプロスポーツ選手として、上流階級にあがれる夢を見させ、親は必死になって自分の子供を英才教育する。

一般人の20万円の月給に対して、ちょっと才能があるだけで、一流プロスポーツ選手の月給が20億円って、おかしいでしょう。狂ってますよね!

 

財産を全て、子供の「Jリーガー養成学校」に費やしちゃう気持ちもわかりますよね。!!

そしてMIZUNO、Nikeadidasなどのスポーツ業界に莫大なお金が流れます。

文学的に才能があっても、上流階級には、なれないんですよ。

 

また、映画、ドラマなどでアメリカの豪華なライフスタイルを見せつけ、

それを見て憧れ、やっぱりアメリカ最高となるのだ。

そりゃそうだ、フェラーリに乗り、豪邸に住み、庭のプールサイドで名使いが注ぐブランデーを飲んでる姿を見たら、憧れますよね!

世界にはいろんな国で製作された映画がたくさんあるが、日本で上映される映画はほとんど、アメリカのハリウッド映画だ、、

アメリカ人以外の映画俳優さんの名前、ほとんど言えないでしょ!

ヘアースタイルも、ファッションもすべてアカデミー賞に輝いた俳優さんが、その年の日本の流行になるんです。

そしてファッション業界に莫大なお金が流れます。

 

戦前までは、結婚前にセックスをする事は、人には言えないくらい恥ずかしい行為だったが、

現在の日本は、結婚とは関係無く即セックス、とりあえずセックス、

しかも、セックスの内容を友人同士で平気で話す。

できちゃった結婚当たり前!

日本の、結婚前の「処女、童貞の喪失率」は、都会では92%という統計結果です。

恋愛もアメリカ式で、男がポロポーズし、婚約すれば「婚約指輪」を左薬指にし、結婚式は白いチャペルで愛を誓い、花嫁はブーケを投げ、それを受けとった友人は大喜びし、

10年経てば、「スイート10ダイヤモンド」の贈呈。

 

もろ、ハリウッド映画の影響ですね、、

 

このように自由でありながらも、中流階級だと思わせれてる日本人。

誰も、疑問を抱く人はいないんですよね、、

自分の時間なんてほとんどなく働いてんのに。

 

 

ちょっとでも体調が悪くなれば、病院から薬という名の化学物質をいただき、

家に帰って食前食後に、塩素という化学物質が入った水道水でそれらを服用し、

 

風邪にはビタミンが必要だと、農薬(化学物質)たっぷりの果物、野菜を食べる。

 

我々日本人が大好きなラーメン、その原料の小麦粉。

我々日本人のソウルフードとも言える納豆、豆腐、その原料の大豆。

それら、すべてアメリカからの輸入で、化学物質がたっぷりなのである。

 

少数の、こだわりショップを除き、

コンビニ、スーパーなどで売られている食品にはすべて化学物質がたっぷり入っているのが現実だ!

お肉も、養殖の魚もだよ!

人間が、一度に大量の化学物質を摂取したら即死だが、毎日ちょっとずつだと、直ぐには死なない、

その代わり、鬱になったり、なんとなくダルさを感じながら、最終的にはガンになるのだ、、

そうなると、即入院し手術をし、化学物質を投与されながらの延命治療を受けることになる。

そんな患者が日本中にあふれているのが現実である。

 

そう、日本は世界でもトップレベルのガン大国なのだ。

同時に、世界一の農薬大国でもある。

 

日本の農業は、戦後アメリカから教わった方法で現在も行われている。

先ず、野菜を植える前に、畑に大量の化学物質を撒き、微生物を殺し、

そこに大量の科学肥料を混ぜ込み、そして野菜を植えるのだ、

当然、野菜と同時に雑草も育つ、その雑草は除草剤という化学物質で枯れさせ、害虫が着いたら農薬という化学物質で殺虫する。

そうしてできた、化学物質たっぷりの野菜が、スーパーに並び、我々の食卓に置かれ、胃の中に消えていくシステムなのだ。

 

なにも考えず生活すれば、毎日、食するたびに自然に我々の体内には化学物質が入って来る。

 

なんとなく体調が悪い人たちで日本の病院は大儲け状態!!!

我が国の医療費は、なんと、、30兆円!!!

 

それらのお金は、間接的にアメリカに流れるシステムなんです。

 

ちょっとずつ病気になり、何十年にもわたり医療費を支払っていくのが、彼らの狙いなのだ。

即死されたら、困るのである、、

 

日本はアメリカから大量の小麦を買わされていると言ったが、

こんな事件があった、

J「アメリカ様、おたくから送られてくる小麦は、もう買えません」

A「なんで?」

J「我が国の農薬残留基準値をはるかに超えてるので、危険すぎて日本では販売できないんです」

A「じゃ、その基準値をもっともっと上げちゃえば、基準内におさまるんじゃない?」

J「了解っす。即、基準値を上げます」

A「よろしい」

 

そして、日本は基準値をあっさり変更し、昨日まで人体に危険だとされていて基準値が、今日からは人体に安全な基準値になってしまい、その小麦粉が日本のスーパーで普通に売られるようになったのである。

 

このような話は、これだけじゃなく、放射能残留食品でも同じ事があったし、過去に何度もしている事件なのである。

 

たとえ人体に悪影響があろうが、アメリカ様には絶対服従するのが、我が国の自民党政権なのである、、

 

こうして、戦争で勝ったアメリカは強引に、我が国からお金を吸い上げてるのである。

黄色い猿は、あくまでも家畜なのでありますね、、

 

しかも、中国やロシアから守ってやるという名目で、

用心棒代として、日本はアメリカに毎年5000億円を支払ってるのである。

毎年っすよ、これからも永遠にです、、

その名前が「思いやり予算」なのだ!

凄すぎですね、

何が、「思いやり」だ!こんちきしょう!

暴力団の「みかじめ料」と、かわりねぇ〜べ!

 

さらに、トランプ大統領は、「5000億円じゃ足りねぇ〜から、8600億円よこせ!」と、要求してきたんですよ。

ざけんな!ですよね

 

ってな訳で、我々日本人の事を家畜同然としか思ってない当時のアメリカ大統領が戦後間もなく、現在の「日本国憲法」を作ったんです。

そう、我が国の憲法アメリカ人が作ったんです!

ご主人様が家畜に対して作った憲法で、

75年経過した今も、我々日本人は生活しているんです。

 

家畜がせっせと働けば働くほど、家畜がプロスポーツで盛り上がれば盛り上がるほど、国の税収が上がり、その税金は主人であるアメリカ様の懐に行くシステムなんです。

そういうルールなんです、、

 

戦後75年間、世界の国々は憲法を何度も改正してきました。その国の未来のためにも、時代に合わせ憲法を変えるのが普通です、

しかし、我が国日本は、75年間、一度も改正していません。

何故って?

そんな事したらご主人様に叱られちゃいます。

 

戦後の日本は、そんなご主人様であるアメリカに、絶対服従自民党がずっと独裁政治をしてきました。

しかし、ワイロなどで腐敗しきった自民党政権に国民は嫌気がさし、

ついに平成21年、「鳩山由紀夫」率いる「民主党」が自民党に変わり実権を握り、アメリカに莫大なお金が流れるシステムの「日本国憲法」を改正しようと試みましたが、

次の「菅直人」首相の時に、まさかの大地震、大津波、そして原発事故が発生し、責任を追求され、

民主党政権」は儚く終わり、再び自民党が実権を握り、今日に至ります。

 

あの時の大地震って何っだったんでしょうね?

中国でも、アメリカでもロシアでも昔から、人工地震の実験を行っていますよね、

今では核を使えば、簡単に人工地震を起こすことができます。

アメリカにお金が流れるシステムを民主党が、変えようとした矢先の大地震でしたよね。

タイミング的に何か裏がありそうですね、、

どうやら、むやみにご主人様には逆らわない方がいいみたいですね、、、

 

国会でも人工地震の存在は認めましたよね。

https://www.youtube.com/watch?v=sfr6NoMEZYk

 

ここまで聞いてもみなさん。

ご主人様は、もし中国が攻めてきた時に、自分の命をかけて、我々家畜の命を守ってくれると本気で思いますか?

ご主人様が家畜の為に、ロシアと戦ってくれるとマジで思いますか?

 

な訳ないですよね、普通に考えりゃね!

 

結局、僕が言いたい事は、

アメリカにも素晴らしいところはたくさんあります。

今後もアメリカ様には逆らう気もないし、アメリカに憧れるのもいいでしょう。

コカコーラを飲むなとは言いません。

しかし、戦後、日本人は、

我々を家畜としか思わないアメリカという国に、身も心も洗脳されて今日に至ってる事を、自覚しましょうよ。

昔の話じゃないんです、現在進行形なんです。

 

私たちは、いつの間にか、質素な美学の「和」を忘れ、

きらびやかな豪華アメリカンスタイルで暮らしてるんです。

経済がすべての暮らし。

この暮らしを持続させるには、自分の時間をかなり削りながら、身を粉にして働かなければいけないのです。

ご主人様に支払ってる「用心棒代」がなくなるだけでも、我ら国民の負担が減り、自分の時間も増え、趣味の時間にまわす事ができるんです。

 

ショッピングが趣味とか、高級車を乗るのが趣味とか、高級マンションに住むのが趣味とか言ってる人がいますが、

それって、趣味じゃないんですよ。

趣味ってもんは、もっと別な次元なんです。

 

30年マイホームローン返済の為に必死で働き、

ローンが終わった頃には定年で、やっと自分の時間が来たのに、何をやって楽しんでいいのか、わからない日本人がたくさんいます。

 

とりあえず、パチンコ。

とりあえず、車磨き。

とりあえず、お決まりのハワイに2泊3日で海外旅行。

とりあえず、ゲートボール。

 

そんなある日、健康診断に行ったら、ガンが発覚。

即入院、手術。

抗がん剤で毛が抜け落ち、食べる事もできず、点滴で化学物質を入れられの延命治療、

そしてご臨終、、、、

 

こんなの、僕は嫌だな、もっと自分らしく、もっと日本人らしく生きたいな。

 

「何の為に産まれて、 何をして生きるのか?答えられないなんて、そんなのは嫌だ。

今を生きる事で、熱い心燃える、だから行くんだ微笑んで。

たとえ胸の傷が痛んでも、、

何が君の幸せ?何をして喜ぶ?わからないまま終わる そんなのは嫌だ。

忘れないで夢を、こぼさないで涙、だから君は飛ぶんだどこまでも、、」

この詩はアンパンマンのテーマソングです。

 

本当の意味での同盟国ならいいけど、今はアメリカに首輪をつけられた飼い犬状態だよね。

簡単には首輪を外してもらえないけど、

何も知らずに流されて生きてては未来はないけど、

みんながこの事実を自覚すれば、

いつの日か、完全独立国家の日本人として、アメリカや中国やロシアと共同で、地球環境の事を解決していく時がくるはず。

 

 

前回もブログしましたが、日本人ってめちゃ凄い民族なんです。

世界最古の歴史を持ち、少数民族でありながら、もちまいの頭脳と行動力で世界の大国相手に一歩もひかない戦いもしてきました。

日本の食文化は、味、食感、香り、彩、栄養バランスなど、どれをとっても世界一です。

今では世界もそれを認めています。

公共マナーの良さ、礼儀正しさなども、ダントツ世界一ですね。洗礼された民族なんですよ。

災害に付き物の、略奪と無法状態が日本ではありませんよね、

海外で災害が起きると、数時間後にはスーパーマーケットの商品が全て略奪されてしまいます。

日本人は、自然に対し深い尊敬の念を持っているんです。

誰も見ていなくても、お天道様は見てるんです。

 

ここまで洗礼された民族は世界でも日本人だけです。

その事は日本に留学した経験がある外国の方々が口を揃えて言ってます。

日本人に憧れ、日本人を見習い、日本人を大好きな人達が海外にはたくさんいます。

 

そう、アメリカに洗脳されながらも、深いところで少数民族の誇りはちゃんと持ってるんですよね。

 

そんな素晴らしい民族である我々、もっともっと自由に羽ばたきましょうね。

 

今回の僕の話を、わかりやすく説明してる動画がありました

GHQの洗脳プログラム〜日本人が洗脳された戦後教育の真実〜 - YouTube

 

日本に産まれてきて本当に良かった、次回も日本人で産まれたい。

心の底からそう思える日本人なりましょうね

 

ありがとうございます。

 

 

 

ユダヤ人と偽ユダヤ人

f:id:mageshimatushin:20210812180926j:plain

今回のテーマはユダヤ人。

このとてつもなく複雑なテーマに挑戦したいと思います。

ユダヤ人を簡単に定義できない事情には、2000年もの間、あらゆる土地から追い払われ世界中に散っていった歴史が関係しているのだ。

きちんと語れば、1ヶ月くらいかかってしまうテーマですが、なるべく簡潔に語ってみようと思います。

途中しどろもどろになる可能性がありますが、ご了承ください。

 

ユダヤ人って聞くと、

中東の方でイスラムと戦争してる人とか、

戦時中にヒトラー率いるナチスドイツに大量虐殺された人とか、

世界の金融機関の裏ボスとかのイメージがありますよね。

 

日本で暮らしていると馴染みの薄い存在ですが、実は日本とメチャ深いところで繋がっているんです。後ほど語りますね、、

 

世界には、いろんな宗教がありますよね、キリスト教イスラム教、仏教、ヒンドゥー教などが有名ですが、その中に「ユダヤ教」という宗教があるんです。

 

何千年も続いているそれらの宗教の中で、「ユダヤ教」はダントツで一番古いんですよ。

ユダヤ教」は今から約3300年前にエジプトで生まれ、その後イスラエルで確立しました。(モーセ十戒

旧約聖書」という聖典が教えの基本になっています。

 

キリスト教イスラム教もすべて「ユダヤ教」がルーツになっているんです。

2021年前にイスラエルで産まれた「イエスキリスト」も旧約聖書を参考にして「新約聖書」を書き上げ、キリスト教を世界に広めました。

 

キリスト教の聖地もイスラム教の聖地も、ユダヤ教の聖地もすべてイスラエルという国のエルサレムに存在しているため、何千年も宗教戦争が続いてるんです。

この戦争のことを、「パレスチナ問題」、「パレスチナ紛争」と言ってます。

 

このパレスチナ問題を語ってしまうと、今日のブログが1000ページくらいになってしまうので、省略させていただきますね。

 

話を戻します、

3300年前から12の支族がイスラエルに暮らしながら、「ユダヤ教」を信仰していました。

その12支族の事を「ユダヤ人」といいます。

彼らは中東人なんで、肌の色は褐色で黒髪なのが特徴です。

モーセもイエスキリストもユダヤ人です。

 

そんな正統な血統のユダヤ人が平和に暮らしている所に、ある日、ヨーロッパの方から、白い肌をした金髪の人々が「我こそがユダヤ人である!」と名乗りながら、イスラエルに大量に入り込んできました。

 

元々イスラエルに暮らしていた正統なユダヤ人に対して、後から入ってきた白人系ユダヤ人の事を、「アシュケナージ」と呼びます。

いわゆる偽ユダヤ人ですね。

 

偽者とはいえ、彼らはものすごく頭が良く、商売も上手で金融業などを行いながら、あっという間にイスラエルを乗っ取ってしまいました。

 

頭がいい彼らは、他の民族とは馬が合わず、常に誰かと戦っていたため、イスラエルから追放され世界中に散らばって行きました。

 

現在世界には1400万人のユダヤ人がいますが、そのほとんどが、「アシュケナージ」なんです。

その半分がアメリカに暮らしながら、アメリカの経済、世界の経済を独占しています。

 

f:id:mageshimatushin:20210813221845j:plain

なんせ彼らは天才的に頭がいいんですよ!!

イスラエル首相のネタニヤフも、アインシュタインも、スピルバーグも、マクドナルド創設者のクロックも、ビルゲイツも、スティージョブズも、ボブディランも、ヴィダルサスーンも、マルクスもみんな「アシュケナージ」です。

世界の有力なIT企業、地球上の金融機関、石油などのエネルギー産業なども全て、彼らの独占です。

過去のノーベル賞受賞者もほとんどが彼らなんです。

メチャ頭いいんですね!!!

 

ロスチャイルドやロックフェラーなどに代表される、世界人口の1%の超富裕層のひとたちもみんな「アシュケナージ」なのだ。

 

そんな彼らが世界中でやってる商売の中で、一番儲かるのが

軍事産業」なんです。

 

裏で経済を操り、A国とB国の間に戦争を仕掛けます。

景気が悪化すると必ず戦争が起こるシステムなんです。

 

彼らは、戦争に勝つ為の兵器を両国に売ります。どっちが勝っても負けても彼らには関係ないんです。

兵器が売れればそれで良し!

安い鉄砲や機関銃を売ってるわけじゃないんです、もっと単価が高い戦闘機や、潜水艦、空母などを売ってます。

 

ちなみに、

戦闘機は約500億円から、

潜水艦は約2000億円から、

空母は5000億円からが相場です。

メチャ儲かるんですよ、軍事産業は、、、

 

古くからヨーロッパで起きた戦争、紛争なども全て軍事産業の思う壷でした。

 

日本も幕末期に、まんまと彼らの軍事産業の罠にひっかかってしまいましたよね。

長州と薩摩にはイギリス系軍事産業が支援し、幕府にはフランス系軍事産業が支援しましたよね。

イギリス系もフランス系も同じ「アシュケナージ」系軍事産業ですよ。

 

薩長が勝とうが、幕府が勝とうが、彼らには関係なかったんです、軍艦と大砲さえ売れればね。

結局、薩長のクーデターが成功した事になり、その後日本は経済という形で彼らに支配され、

1894年に勃発した「日清戦争」から始まり、1945年の終戦までの約50年間、日本はずっと戦争の連続でしたよね。

 

世界の軍事産業を裏で牛耳ってる「アシュケナージユダヤ人」に対して、怒りをぶつけたのが「ヒトラー」です。

ヒトラーと言えば、ただの気が狂った軍人というイメージでしょうが、

ただのキチガイがドイツの首相になれる訳ないでしょう!

ある意味、本気で平和を願った人とも言えます。

 

ヒトラーは、戦争が起こるカラクリは全て彼らの仕業だと、知ってしまったんですね、

このまま彼らが地球上に存在したら、永遠に戦争が続く事になるので、

ユダヤ人を「アウシュビッツ強制収容所」などに収容し、ヨーロッパ全土で600万人以上を毒ガスで大量虐殺しました。

この行為を、「ホロコースト」といいます。

 

ホロコーストで殺されたユダヤ人は、昔からの正統な血統のユダヤ人ではなく、後から入ってきた白人系ユダヤ人、「アシュケナージユダヤ人」でした。

*映画シンドラーのリスト

 

f:id:mageshimatushin:20210814000601j:plain

ヒトラーのした事は無差別でやり過ぎでしたが、

世界の金融を操り、陰で戦争を起こし、富裕層がさらに超富裕層になるシステム、

そのシステムを作り上げた「アシュケナージユダヤ人」。

彼らの存在を心の底から恐れたんでしょうね。

 

結局、1945年、

アシュケナージユダヤ人大国」であるアメリカが結成した連合国に、ドイツと日本は破れ、敗戦国になりました。

 

その直後の1948年、

アシュケナージユダヤ人」達により、改めてイスラエルという国が独立しました。

 

イスラエルには現在も少数ですが、正統な血統の本物ユダヤ人も暮らしていますが、首相を含め、ほとんどの有力者が白人系ユダヤ人「アシュケナージ」のため、決して商売上手でない彼らは、迫害を受けたり、肩身の狭い生活をしています。

何千年もイスラムに対して攻撃をしているのも、「アシュケナージ」です。

 

肌が褐色で黒髪、ヒゲをのばし、黒い服を着て、黒い帽子をかぶっているのが、正統な血統の本物ユダヤ人ですが、

いつしか、白人系ユダヤ人いわゆる、「アシュケナージ」は「純潔なユダヤ人ではない!」と指摘する事は「国際的タブー」になってしまいました。

 

その事を指摘するような書物、映画などは、ことごとく圧力がかかり、時には殺されてしまうこともあるのだ、、、

 

f:id:mageshimatushin:20210814003746j:plain


純潔ユダヤ人は昔、12の支族から成り立っていましたが、いろんな事情で彼らはバラバラに世界に散っていったのです。

 

現在その内、2支族の消息はわかっていますが、残り10支族の行方がまったくわからないのである。

 

その行方がわからない10支族が、2700年前頃から、海を渡って日本に来ていた事が最近のDNA研究の結果、明らかになりました。

*「失われた10支族」で検索してね

 

日本人のDNAは、中国人、韓国人のDNAとは全くの別物で、純潔ユダヤ人にかなり近い人種だということらしい。

 

また、ユダヤ人が話す「ヘブライ語」と、日本語の共通点がメチャ多く、発音も意味も同じ言葉がたくさんあるのも不思議で、

「かごめかごめ」「わっしょいわっしょい」とか、日本で昔から使われてるが全く意味がわからない言葉、たくさんありますよね。

それらの言葉をヘブライ語」にあてはめると、バッチリ意味が納得しちゃうみたいです。

*「日本語とヘブライ語」で検索してね、、

 

青森には昔から、イエスキリストが眠っているとされる墓があったり、ユダヤ教のシンボルでもある「六芒星」が家紋に使われている。

この六芒星のマークは、伊勢神宮内でも見かけますね。

f:id:mageshimatushin:20210814011941j:plain

 

また、産まれて間もない子供の額に十字を書くならわしがあったり、

日本最古の盆踊りも、「ナニャドラ〜ヤ〜」という訳のわからない歌詞を歌いながら十字架の周りを婦人たちが踊ってるのだ。

この意味不明の「ナニャドラ〜ヤ〜」もヘブライ語にあてはめると、ピッタリ意味が繋がるらしい。

 

どうやら、ゴルゴダの丘で処刑されたはずのイエスキリストは、実は日本に逃げており、106歳の生涯を青森で閉じたとの事。

 

武内の古文書によれば、十字架にかけられたのは実は弟のイスキリで、兄のキリストは青森に逃げてきたのである。

 

信じるか信じないかは、あなた次第、、、、

 

しかし、戦時中に世界中がユダヤ人を迫害していた時代に、唯一日本だけがユダヤ人を迫害しなかったのも事実です。

何かの繋がりを感じたのかな?

 

日本人とユダヤ人の繋がりに興味がある方は、「日ユ同祖論」「青森 キリストの墓」などで検索してね。

 

どこに暮らしていても嫌われ者の「アシュケナージユダヤ人」、世界中に追い払われ、自分たちの国を持てずに、いろんな場所で暮らして来ましたが、

彼らの中で、いつの日か「シオンの丘」に帰ろうという動きがでてきました。

「シオンの丘」とは母国イスラエルにある山のことです。

母国イスラエルにみんなで帰ろうというこですね。

 

このように世界中に散った「アシュケナージユダヤ人」達が、祖国イスラエルに帰ろうと願った事を、「シオニズム」といい、

1948年にイスラエル国が独立し、その時の建国運動に関わった「アシュケナージ」達を、「シオニスト」とも呼びます。

 

まだまだ語りたい事はありますが、気がつけば午前3時をまわってしまいました

 

このへんで勘弁してください。おやすみ、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左翼、右翼ってな〜んだ?

f:id:mageshimatushin:20210730214544j:plain



最近、台風の影響で毎日のように最高の波が種子島に打ち寄せてます。

畑仕事も、大工仕事もそっちのけで、サーフィン三昧の日々を送ってたため、

ブログをさぼってました、晩酌すると寝ちゃうんですよ、、

今回はちょいと真面目に書いてみます。

ちなみに今日もいい波でした、、、

 

最近ネット上で耳にする「ネトウヨ」、「パヨク」といったワード。

 

そもそも「右翼」「左翼」をきちんと説明できるでしょうか?

僕も、「馬毛島問題」に直面するまで、なんとなくは知っていたけど、説明はできませんでした。

 

ということで、今回は「左翼」「右翼」の簡単説明に挑戦したいと思います。

この話をすると、1789年におきた「フランス革命」まで遡ってしまうので、そこまで遡ると話が長くなるので、省略します。

 

 

「左翼」も「右翼」も、人間の思想なんです。

日本という自分たちの国に対して、どのような理想を持っているか?、どんな思想があるのか?

今でこそ、平和な世の中ですが、75年前まで日本はずっと戦争を繰り返してきました。

1894年の「日清戦争」から始まり、1945年の終戦まで、約50年間、戦争をやりっぱなしでした。

最後は全世界を敵にまわし、ズタボロにされたあげくに原爆を投下され、戦争が終わりました。

そして、「日本は今後絶対に戦争はしてはいけません!」という法律をアメリカに作られて、その後は戦争はしてないのである。

異常ですよね、、、

 

外国からの侵略に怯えながら生活していた当時は、「国家」というものに国民は真剣に向き合ってたんです。

思想が違うだけで、総理大臣が殺されちゃう時代でした。

(二、二六事件 五、一五事件など)

 

人々の考えは千差万別ですが、大きく分けると2つの考え、思想になるんです。

その1つが「左翼的思想」、もう1つが「右翼的思想」です。

 

では、「左翼」とは、

人間は本来、「自由」「平等」で「人権」があるという考え方。

その考えを、まだ知らない人達に広め、世の中を変えようと志ざします。

 

この理念は日本だけでなく、世界的にも、そうなって欲しいと願ってます。

 

だから、現実に「独裁」「支配」「抑圧」「差別」などのように、「自由」や「平等」に反する制度があったら、

それを批判し改革するのが、使命となります。

 

ゆえに多くの場合、「改革派」「革命派」なんです。

f:id:mageshimatushin:20210730212716j:plain

そうした革命は、支配や差別で苦しんでた下層の人々達に喜ばれます。

ゆえに、「左翼」の人々は「下層階級」と結びつくんです。

 

「政治や経済など、世の中の仕組みは、民衆の手で作りかえることができる!!」という思想が、一番深いところにあるのが「左翼」です。

 

また、音楽や芸術、文学や演劇などの文化的なものを好む傾向があります。

 

天皇制」に対して異議を唱えるのも、「左翼」の方々が多いです。

 

対する「右翼」とは、

「長い間定着してきた世の中の仕組みであるなら、多少の問題があっても変えるべきではない!!」と考える人達です。

 

「伝統」を重んじ、「改革」を嫌います。

よって、「右翼」の人達は「保守派」とも呼ばれます。

 

その思想の根底には、2600年続く「天皇制」があります。

また、「身分制」「階級制」など、「平等」とは反対の制度を好みます。

 

文化的な「左翼」に対して、「右翼」の方々は「体育会系」が多いです。

スポーツで1位、2位を決めるのが好きで、肉体派なんです。

 

f:id:mageshimatushin:20210730221600j:plain

アスリートが全て「右翼」ってことではありませんが、

 

サーフィンを例に説明すると、

 

Aサーファーは、

来月の大会に優勝する為に、通勤前に海に行き、波が良くても悪くても、大会で得点を稼ぐための技を練習してから会社に行く。サーフボードも常に最新のものを好み、スポーツとしてサーフィンをしている。

 

Bサーファーは、

大会には全く興味がなく、畑仕事が終わってから、のんびりと海に行き、波が悪かったら浜辺で友達と夕暮れまで音楽について語り合い、20年前に友達からもらったサーフボードを今も大切に使い、ライフスタイルとしてサーフィンをしている。

 

この二人のサーファー、

僕的には、Aが「右翼」、Bが「左翼」って感じがします。

 

本来、「伝統」を重んじるのが「右翼」なのにも関わらず、最近の「右翼」の方は、ゴージャスな感じを好む方が多いと思います。

 

ド派手なアメ車に乗り、高級マンションの最上階に暮らすのがステイタスな「右翼」に対し、

中古のビートルに乗り、田舎の平屋に暮らす事を好む「左翼」。

 

また、農薬、除草剤、科学肥料をふんだんに使い、農協の言うがままの、大量生産型の「慣行農法」に対して、

 

無農薬で科学的なものは使わない「有機農法」を好むのも、

「左翼」の特徴です。

 

環境、地球も大切なのはわかるけど、一番大切なのは、経済優先なのが「右翼」ですね。

 

昔から、「右翼」の代表が保守派の「「自民党」。

「左翼」の代表が偏屈者の「共産党」ですが、

 

左翼的思想の方でも、共産党でない方が沢山います、

宮崎駿」さんもその一人で、彼の作品は全て地球環境問題をテーマにしていますよね。

ナウシカは一番わかりやすいですね、、

f:id:mageshimatushin:20210730230248j:plain

ということで、今回は僕的に、「左翼」「右翼」を説明してみました。

ここまでの流れだと、「左翼」に軍配が上がりそうですが、

 

昔、日本航空をハイジャックし北朝鮮に亡命したり、イスラエルの空港で銃を乱射し、無差別殺人をしたり、浅間山荘にたてこもり、警察を撃ち殺したりした「日本赤軍」も「左翼」です。

 

武力で弾圧する「右翼」に対し、テロ行為で立ち向かう「左翼」。

行き過ぎると、どっちもどっちですね。

 

今現在、「左翼」でも「右翼」でもない人が増えてます。

昔はそんな人の事を「ノンポリ」と言ったそうです。

政治的に全くポリシーが無い人のことだそうです。

 

僕も種子島で暮らす前は、「ノンポリ」でした。選挙にも行った事がありませんでした。

しかし、「東日本大震災」の原発事故を体験してから、それまでの「ノンポリ」が少しずつ変わっていきました。

 

今では、「左翼」的な要素が増えたと実感しています。

が、「天皇制」は大賛成な僕なのである、、、

 

世界一の歴史を持つ「天皇制」、国際的な場では「ローマ法皇」より格上の接待を受けるのに、まったく威張った感じはなく質素ですよね。

世界の王様、王女様は結構派手っすよね、、

f:id:mageshimatushin:20210731003454j:plain

ダイアナさん、オッパイ見せすぎでしょ!

 

f:id:mageshimatushin:20210731003603j:plain

雅子様、質素ですわねぇ〜!

 


話は戻します

「左翼」「右翼」をまとめますね、

 

「左翼」は、金がなくても心は錦!質素が一番!

「右翼」は、金がなくても車はベンツ!金が一番!

 

結局、上手く説明ができませんでいたが、

僕は共産党でもなく、「天皇制」賛成の「左翼」でした。

 

先ほど「今現在は平和だ」と言いましたが、決して平和だとは思いません。

 

平和の反対語って何でしょう?

もちろん「戦争」もありますが、

「病気」「いじめ」「差別」「孤独」「怪我」「失望」なども、反対語に含まれると思います。

戦争がない安心した暮らしをしてますが、

人間が経済を優先に進めてきた結果、

我々の母体である地球が悲鳴をあげています。

 

この大問題に対して、危機感が全くなく高級車を乗り回している罰が今回のコロナなのではないでしょうか?

神様からのメッセージと感じます。

 

「平等」を目指した、社会主義国家はことごとく滅亡しました。

その代わり、資本主義国家が地球を征服した結果、地球がボロボロです。

 

金がいくらあっても、母体がなけりゃ、我々は生きていけません。

 

どうにかして、持続可能な世界を取り戻しましょう!

みなさんの知恵を貸してください。

 

とりあえず、「自民党」さんに、政権交代してもらいましょう!

 

戦後75年、ずっと自民党独裁国家です。

いわゆる、中国や北朝鮮などの一党独裁国家と同じなんです!

 

意見があっても、自民党の考えと違えば、その意見は削除されちゃうんです。

 

奴隷のように働いても、決して裕福な暮らしはできない仕組みをみんなで変えましょうよ!!

 

気づけば深夜も過ぎてました。ご静読ありがとうございました。

 

写真は、キューバの「チェ、ゲバラ」と、日本の「三島由紀夫」でした。

三島さんレベルの「右翼」は、逆にかっこいいと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

反対派と推進派 僕と彼

f:id:mageshimatushin:20210718175102j:plain

この写真は、僕が住む村の坂の上から先日撮影したものです。

梅雨が開けて のこの時期、昼間は暑いですが夜になると涼しげな海風が吹き出し、とても過ごし易いんです。

そしてこの星!!!やばいでしょ

天の川がくっきりですよ。

夜8時を過ぎれば、虫の声、風の音、遠くで砕ける波の音しか聞こえません、、

心の底から「贅沢だなぁ〜」と思える静寂な時間帯です。

この贅沢があるから、いろんなアイディアもでるし、明日から頑張れるんですよね〜

 

そんな島に、年間150日以上、明け方3時までアメリカ軍のジェット戦闘機が仕切りなしに飛び交う計画が勃発してます。

種子島上空も飛行するでしょう。

普通に考えて、当然大反対ですよね、、

 

島の静寂と環境を守ろうと反対する人達、静寂だけでは食っていけないので、基地交付金をもらおうと推進する人達。

この考え方の違いで、種子島の人々は真っ二つに分断してます。

 

僕が住んでいる小さな村に、市議会議員さんが二人住んでます。

一人は女性で、反対派のリーダー

もう一人は男性で、推進派のリーダー

 

そうなんです、

こんな小さな村に、相反する二人のリーダーが暮らしているんです。

種子島でもトップレベルのホットスポットなのだ、、

 

僕は基地建設に大反対なので、いつも彼女と一緒に活動していますが、

実は推進派リーダーの彼の事は大好きなんです。

 

政治的考えこそ真逆ですが、僕は、彼を嫌いになれないんです。

彼は、率先して村の事をいろいろやってくれ、

頭が良く回転の早い彼は、明るくユーモアがあり、その場を楽しくしてくれます。

相談事を頼むと、真剣に早急に相談にのってくれるんです。

 

僕たち家族が、今の村に移住して来て間もない頃のある日、

4つの村が全員集まり、総会が開催されました。

僕たち家族も出席させていただきましたが、なんせ何もわからない、誰も知らない、

どの席にすわっていいのかも、わからない状況で総会は始まりました。

総会も終盤にさしかかった時です、

総合司会をしていた彼が、全員に向かって、

 

「みなさん、この場をお借りして、報告したい事があります、先日この村に、福島から猪狩さん家族が移住されました。」

「とても素晴らしい家族で、将来この村の宝になるような方々です。」

「ここにお集まりのみなさん、どうか猪狩さん家族の事を、末長くよろしくお願いいたします」

 

と、言ってくれました。

 

今でこそ、この村には移住者がたくさん暮らしてますが、僕たち家族が移住した頃は、

移住者は僕たち以外いなく、とても心細い状況でした。

そんな時の彼の言葉は、凄く嬉しかったんです。

 

後に人から聞いたのですが、

彼の家族も昔、他の島から種子島に移住し、当時は地元の人達からの差別があったりと、凄く苦労したそうです。

そう、彼の家族も僕たちと同じ移住者だったんです、だから僕たち移住者の気持ちを誰よりも理解してくれてるんですね。

 

その後も彼は、僕たちの事をずっと見守ってくれてます。

 

僕が畑に小屋を建てる時も、相談にのってくれたし、

バスの運転手を急遽手配してくれた事もあったし、

ホイルローダーを貸してくれたり、

ユンボを運んでくれたりと、

 

いろいろ彼にはお世話になってるんです。

困った時は、彼が必ず解決してくれます。

 

そんな彼が、今年の1月に行われた選挙に、基地建設推進派として出馬した時は驚きました。

 

「えっ、あの彼が推進派で出馬???誰よりも自然を愛する彼が何故???」

って感じでした。

 

結果は見事に当選しました。

しかも凄い票を獲得しての上位当選でした。

彼の人柄、人望が現れた瞬間でした。

 

僕は何度となくこのブログで自民党の事をディスってきましたが、

彼は自民党公認で推薦された、「THE 自民党」の議員さんです。

 

僕が村で一番信頼し一番大好きな人が、基地推進派の自民党の議員さんなんですよ、、

 

僕がNHKに出演し、「馬毛島基地建設問題」に対して、大反対を訴えた翌日でも、

道で彼とすれ違うと、彼は笑顔で手を振ってくれます。

 

僕が街頭で「自民党に騙されずに、島の自然を守ろう!」などと演説をしてる時も、

「おぅやってるな〜、お手柔らかにね〜、頑張れよ〜」と、手を振ってくれるんです。

 

とても複雑な心境です、、、

 

今後、この島がどうなるにせよ

彼とは、ずっと仲良くやっていきたいと思ってます。

 

今、島の人々は賛成、反対で分断してます。

分断してしまった人々の心をもう一度ひとつにし、賛成派も反対派もニコニコ暮らせる方法を日々考えてます。

 

ゆっくり腹を割って話し合いができればいいのですが、

そのような場を作っても、賛成派の方々は出席してくれない為、話し合いが成立しないのが現実です。

 

全国のみなさん、アドバイスをください

どうすれば、分断がなくなりますか?

どうすれば、話し合いができますか?

 

f:id:mageshimatushin:20210719104211j:plain

僕たち移住者でバンドを結成し、今の社会問題や環境問題などを音楽で訴えながらライブ活動をしています。

友達が経営するレストランでのライブ写真です。

宮崎県に遠征したりもしましたよ、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

種子島に海砂採取事業が忍び寄る

この写真は種子島最北部の浦田ビーチです。

こんな綺麗な手付かずの浜がこの島にはたくさんあるんです。

 

しかし、このビーチが消えてしまう恐れがあるんです、、、

 

全世界で大問題になっている「海砂採取」

我が国でも瀬戸内海や、奄美大島など至る所で大問題が発生してるんです。

大手の大企業が政治家と組んで、巨大な重機で莫大な量の海砂をとっていってしまうんです。

 

その砂はコンクリートに変わります。

 

これを行われると、浜がなくなるだけでなく、海の生態系が変わってしまい、漁業にも大きな被害があります。

当然、ウミガメ達の産卵の場所も失う事になるんです。

 

そんな悪魔のような事業が種子島で行われる事になりました。

しかも、我々が住んでいる伊関集落のビーチで行われるらしい、、

急遽、行政の役員と業者を呼んでの説明会が先ほど開催されました

 

 

種子島の漁業関係者達は反対するかと思いきや、なんと大賛成してるのです、、

何故なら、海砂採取業者から漁業関係者にお金が支払われるからです、、

 

 

100億円くらい、もらえるならいいけど、雀の涙程度のお金で、島の人は釣られちゃうんですよね。

 

馬毛島問題にせよ、海砂採取問題にせよ、すべてお金っす。

 

今まで、人類は経済を第一優先で考えてきた結果、我々の地球はズタボロ状態です。

 

その為、国連のお偉いさん達が、頭をかかえながら「失ってしまった環境を、どのように取り戻そうか?」

を、SDGsを通して話し合っているというのに、この期に及んで、日本の行政は何をやってるんですかね?

離島の海砂を根こそぎとって、コンクリートにしちゃうんですよ。

馬鹿過ぎですよ!

 

先日、大阪の友達の小学1年生の息子が、

「どうすれば、環境を壊さずに光や電気を作れるか?」の論文を世界に向けて発信してました。

蛍は何故光る?からヒントを得た彼は、小学1年生とは思えないほど、しっかりしたスピーチで大人達に訴えてました。

聞いてて、泣いちゃったよ、リトゥー、ありがとな、、

 

今日の説明会では、「公共事業を行う上で海砂は必要不可欠なものだから、皆様、ご理解ください!」の一点張りでした。

いわゆる、「国策には逆らうな!」ですよ、、、

 

「浜が無くなれば、ウミガメも絶滅しちゃいます。その事はどのようにお考えですか?」の質問が出た途端に、

原住民から

「移住者は勝手な事を言うな!この会場からとっとと出て行け!馬鹿者!」

ってな感じでした。

 

馬毛島問題が発生してから、反対する移住者に対する風当たりが強くなった事も確かです。

 

 

我々移住者は、この島の大自然に魅了され移住しましたが、原住民の方々の中には、この島がもっと都会化する事を望んでる人も沢山いるんですよね。

その温度差が、もどかしい時があります。

 

全ての公共事業に反対するつもりはないですが、

結局、大手のゼネコン業者と政治家たちが裏でガッチリ手を組み、お金持ちが更にお金持ちになるシステムじゃないですか!

あんた達、ベンツに乗って、すでにいい暮らししてんだから、これ以上地球を壊すなよ!ですよね〜

 

地球が手遅れになる前に、そのシステムをそろそろ変えないと大変な事になってしまいますよ。

 

今まで、政治に興味がなかった人、選挙に行った事がない人、

政治家なんて誰がやっても同じだ!

 

そんな考えの人たちが日本にはたくさんいます。

僕もその一人でした、、、

 

しかし、昔と違い、今は本気で国民と環境の事を考えてくれる議員さんがたくさんいます。

今回、鹿児島4区から出馬する「米永あつこ」さんもその一人ですし、

山本太郎さんも本気で考えてくれる人です。

 

今年の9月頃に、国会議員を決める選挙が全国であります。

 

コロナが広まるから、友達と会うのも控えろ!と言ってるくせに、金のためにオリンピックは強引に実施する自民党

役所も、漁協も農協も商工会も学校も、森林組合も土建業も全て自民党の圧力がかかっているため、

そこで働く人たちは、言いたい事も言えない状況ですよね。

言ったら、周りから白い目で見られるもんね、、

「あの人、共産党かしら?」、、、

 

そんな自民党さんには、そろそろ交代してもらいましょう!

 

僕は左翼でも共産党でもありません。

一人の種子島人です。

 

全国のみなさん、「今だけ、金だけ、自分だけ」ではなく、

未来の子供の為にも、環境を第一に考えてくれる国会議員さんを選んであげてください。

誰に投票していいのか分からない時は、自民党以外に投票してください。

お願いします!!

 

 

 

南米ウルグアイの「ホセ、ムヒカ大統領」の国連での演説を是非、聞いてください

ホセ・ムヒカ 世界一貧しい大統領 国連演説 - YouTube

 

近所のビーチです。

こんな浜を、子供達に残してあげてください、、、