国葬と統一教会

反日で有名な統一教会、しかも韓国が本部。

日本の政治を根本的に否定し、自分達の宗教観に日本を変えようとしている統一教会

ぶっちゃけ言ってしまえば、欧米化した日本を破滅させようとしている宗教団体である

僕は統一教会の悪口を言ってるのではない。

僕自身、統一教会から嫌がやせを受けた訳でもなく、

誰が何を信仰しようが人々の自由である。

 

アメリカの傘の下で、経済を優先させる為に、ことごとく環境を破壊し、軍事費に莫大な予算をかけ、人体に危険な食べ物をスーパーで並べている今の日本政府、

そんな日本政府に対して、根本的に変わって欲しいと願う僕の気持ちと、統一教会の考え方は、その部分では共通の価値観なのである

 

統一教会を否定する気はない、

疑問なのは、そんな反日宗教団体に信者として、どっぷり浸かっている自民党幹部達の事だ、、

表向きは、愛国を語り、裏では反日宗教団体の信者なのである

死んだ安倍総理は、生前に統一教会の発行する専門誌の表紙を何回もかざるほど、熱烈な信者だった、

しかも安倍一族はお爺ちゃんの時代から統一教会にどっぷりらしい、、

ここまでくると、ドリフの大爆笑ですよね

ギャグでしょ‼️

 

日本の歴代総理大臣はみんな反日だったって事?

 

日本の政府を完全否定している宗教団体なのに、その宗教団体は、安倍総理をスター扱い、、

 

統一教会にどっぷりな自民党と、創価学会にどっぷりな公明党が手を組んで、現在の日本を動かしてる訳でしょ

どういう事なんですかね?矛盾だらけですよね、、

統一教会創価学会の考え方は、全く違う宗教なのに、、

 

そして、その反日総理大臣の国葬を盛大にやろうとしているのですか?

訳わかんねー‼️

 

国葬賛成の方々から

統一教会国葬は別に考えた方がいい」という意見もありますが、

別には考えられないでしょう!

爺さんの時代から、統一教会のスターなんだから、、、

 

生前にどんなに悪い事をしても、死んでしまえば、仏様。それが日本人の心、、

だから、仏様の悪口を言うべきではないのはわかりますが、

安倍晋三さんは、あまりにも疑惑が多過ぎる総理でしたよね

絶大なる支持があった反面、同時に敵も多く存在しました

戦争を放棄した日本が再び、アメリカと一緒に戦争に参加する事を決めたのも、彼の政策だ、、

 

未彼が容疑者である、未解決の事件も沢山残ってます

事件に関わった一人の有能な若者を自殺に追い込んだ事も事実です

 

死人に口無し、未解決事件もこのまま迷宮入りになっていくのでしょうかね、、

 

確かに彼の死に方は衝撃的でした。

暗殺された事により、国民から同情はされましたが、愛されてはいないですよね

国民の7割以上が、国葬に対して反対してます、、

 

国民全員から愛された人が国葬されるべきだと僕は思います

 

ちなみに、彼が行った政策で、僕が心の底から感動し、素晴らしいと思った政策は一つもありません

価値観が真逆な総理大臣でした、、

 

今回のブログは結局、仏様の悪口っぽくなってしまいましたが、

僕が言いたいのは、

日本という国は、韓国の統一教会と、創価学会という2つの宗教によって政府が成り立っている事実を、改めて考えて欲しいのです

 

宗教を否定してる訳ではありません

先程も言いましたが、誰が何を信仰しようと、人々の自由です

 

この場を借りて、創価学会の信者さん達に聞きたい事があります、

日蓮の教えに池田大作さんの考え方を取り入れた創価学会の哲学は平和的で、愛に満ち溢れ、とても素晴らしい教えだと僕は思います

しかし、公明党自民党と一緒に行っている政策は、学会の教えとは真逆なものだと僕は思うんです

 

原発問題、軍事問題、外交、食の安全などなど、平和的で愛に満ち溢れた学会の教えとは、かけ離れてると思います

「武力に対して武力で!」

「核を保有してるアメリカを味方にすれば、中国からの抑止力になる!」

原子力こそ、クリーンなエネルギーだ!」

 

これが、自民党公明党の考え方ですよね

 

学会の教えとは、まったく違うのではないでしょうか?

 

 

何故に、素晴らしい教えがあるのに、政策となると違ってしまうのですか?

不思議でなりません、、

 

この問いを、友人の学会信者に聞いても、まともな答えが返って来ないのですよ

 

もし、このブログを学会の方が読んでくださってたら、

コメントを下さいませ